MascotCapsule V3概要機能動作環境MascotCapsule V4概要機能動作環境MascotCapsule eruption概要機能製品仕様MascotCapsule eruptionST特長立体視機能製品仕様MascotCapsule Renderion概要MCX概要MCX Collision3DView package利用イメージデータの流れとシステム構成製品仕様

MascotCapsuleとは

MascotCapsuleは組込み型3D描画エンジンです。携帯電話をはじめ、携帯ゲーム機、家電、アミューズメント機器など幅広いデバイス上で動作し、アプリケーションのリアルタイムな3Dグラフィックス処理を可能にします。各種OS・プラットフォーム等に依存せず、ハードウェアの実行環境に合わせて V3、V4、nano、eruption、eruptionST、Renderionなどの種類が用意されています。多彩な3Dでの表現を、限られたリソース上で実現します。

特長
  • 携帯電話や携帯ゲーム機、家電、アミューズメント機器、カーナビ等の低リソース環境でも、高速な動作が可能です。
  • 機器を選ばないライブラリ実装で、ネイティブ、Javaなどさまざまな環境をサポートしています。
  • 市販の3Dオーサリングツールで作成したデータを専用フォーマットに変換して使用できます。
プロファイルについて

プロファイルについてはこちらをご覧ください。

仕様・機能一覧

各製品の仕様・機能比較一覧は、こちらをご覧ください。

MascotCapsule 製品一覧